編集出版物

​■ POD(プリント・オン・デマンド)書籍

書 名 アミターバ 無量光明

著 者 玄侑宗久

発行元 ケイオス出版

発刊日 2018年5月3日

内 容

 

死の瞬間、私たちは、何を見るのか。魂はあるのか。それはどこへ行くのか? 難治のがんを患った女性の「死の瞬間とその後」を、禅僧の芥川賞作家が臨死体験記録や宗教体験をもとに迫真のリアリティで描いた「究極の物語」。2003年発刊当時、作家や批評家からも絶賛された小説を復刊。

ご購入

❏amazon https://amzn.to/2KhWMEB

❏楽天ブックス https://bit.ly/2IPsLL2

❏三省堂書店 https://bit.ly/2KSSHGo

 ※詳しくは右をご覧ください。https://bit.ly/2J9y23x

❏honto.jp https://bit.ly/2CKqwtZ

書評サイト「本が好き!」に書いた紹介文

https://www.honzuki.jp/book/268476/

書 名 日本人に合ったがん医療を求めて

著 者 水上治

発行元 ケイオス出版

発刊日 2019年11月12日

内 容

がん告知後1年以内に自殺にいたる日本人は、諸外国に比べてきわめて多く、がん難民は巷に溢れている。「3分診療」と言われる医療現場で、医師と患者の関係が機能していないのではないか。患者と十分距離を置き、感情を交えず、医学的事実のみ伝えるという米国の教科書を鵜呑みにして目の前の患者を見失っているのではないか。
本書では45年間に1万人以上の患者を診てきた医師が、がん告知、余命宣告、医療の選択、がん闘病の心理、命の予測不能性、医師と患者の関係など主要テーマを語りつつ、医師、患者、家族とも悔いのない、私たち日本人の生き方に合ったがん医療のあり方を考える。

ご購入

❏amazon https://amzn.to/32hNsYR

​■ 小冊子

書 名 子会社を本当に良くしたいと願う

        あなたに知ってほしいこと

著 者 中土井僚

発行元 オーセンティックワークス株式会社

発刊日 2019年9月30日

内 容(発行元のサイト紹介文より)

テーマは「構造的に身動きが取れなくなる子会社の状況と脱却の鍵」です。

長年にわたって人と組織の問題解決に携わってきた中で、もっともご相談件数が多かった子会社。問題として語られる内容が、業種、業態、規模に関わらず、共通していたことから、「子会社には、構造上の根深い問題があるのでは」という問いから、探究が始まりました。
子会社の現場では一体、何が起こっているのか。子会社を悪循環への引き摺り込む特殊な構造とは何か。悪循環からの脱却の鍵とはいったい何か――子会社特有の「謎」を解明するとともに、脱却の鍵に迫ります。

ご購入

❏発行元のサイト http://www.authentic-a.com/new/2182/

ブログに書いた紹介文https://note.mu/tishii2019/n/n0a459557f4f2